タンスの肥やしにしない婚約指輪の選び方!

プロポーズには欠かせないアイテム

相手の女性に結婚を申し込む覚悟の現れとして、婚約指輪というのは欠かせません。しかし今日では不景気であるという社会背景から婚約指輪を準備することが難しいという男性も多くなりました。また女性自ら遠慮してしまうというケースもたくさんあります。しかし結婚指輪と同様に婚約指輪にも大切な役割があり、自分には将来を約束した大切な相手がいるという証となります。結婚した後は身に着ける機会が少なくなってしまう婚約指輪ですが、大切なものであるという認識だけは持っておく必要があります。

婚約指輪を結婚後も身に着けるためには

結婚した後というのはペアの結婚指輪を身に着けるのが一般的です。そのため婚約期間中に身に着けていた婚約指輪ははずし、保管しておくという女性もたくさんいます。しかしそれではせっかくもらった婚約指輪が可哀想です。日常的には身に着けないにしても、何かの行事の際や結婚記念日などの特別な日には身に着けるようにするなどをしてなるべくタンスの肥やしにしないよう配慮しましょう。どうしても指輪を2つもつけられないという場合には、婚約指輪をネックレスにリメイクしてもらい、常に身に着けておくなどの工夫をするとプレゼントした男性側としても喜ばしいことです。

婚約指輪と結婚指輪のセットリング

婚約指輪の大切さを訴えつつ、タンスの肥やしとなることを防ぐために今日では結婚指輪と重ねづけしやすいセットリングも販売されています。その日の気分やファッションなどに合わせて重ねづけをしたり、結婚指輪のみにしたりなどの工夫ができるため多くのカップルから人気を集めています。いつまでも大切にしたいジュエリーだからこそ、日頃身に着けやすいかどうかという点にも着目して選ぶようにするのがおすすめです。

婚約指輪は、相思相愛の男女が結婚を約束した証に交わすもので、結婚に対する自覚と前途を祝福する意味が込められています。