結婚式の席次表は無難か個性を出すかを考える

席次表の作るまでの準備や用意

結婚式も後半になり披露宴の準備も最終段階になって、細かいことも決めていかなければなりません。その中でも席次表もなかなか細かい作業です。結婚情報サイト、雑誌にもアレコレ掲載されていますし、式場でもサンプルなどを用意してくれいます。また自分たちで作成するのか、式場にお願いするのかも考えないといけません。用紙の紙質、色、模様や柄などを決めていきます。自分たちで揃え、作成するのが料金は抑えられますが、誤字・脱字の無いように何重にもチェックは必要です。その点では式場にお願いするのが安心かもしれませんね。席次表は、座席の案内だけでなく、一人ずつご紹介することができないゲストの紹介も兼ねていますからミスは許されないのです。

参考に出来る、過去に出席した結婚式

一番結婚式も含めて参考になるのは、過去に出席した挙式や披露宴です。もし出席した席次表が残っていれば案の一つになります。しかし予定がはっきり決まっていれば残していたかもしれませんが、大抵は処分してしましますよね。友人や親類で話を聞ける人がいれば色々と教えてもらうのもかなり参考になります。席次と一緒に記載をする2人のプロフィール内容などは、披露宴の開始前やお色直しの待ち時間を楽しんでいただけるように工夫をしたり、デザインは席札と同じシリーズのデザインで揃えたり雰囲気を合わすと、会場の雰囲気がぐっと締まり、一段上のおしゃれになること間違いなしでしょう。ドレスや装花だけでなく、席次表も2人の個性を出してみると準備も楽しくなるでしょう。

結婚式の席次表を見ると、新郎新婦と招待客の関係が分かる肩書きが 招待客の名前の上に小さく記入されています。