宴会場を選ぼう!参加者重視が必須の宴会場設定

参加者の分析が宴会場選びのスタート地点

宴会の幹事を任されてしまったときには宴会場を選ばなければなりません。敏腕な幹事として評価されるようにするためには適切な会場設定を行って、内容も充実させるという二つの面が必須です。宴会場選びをするときに重要なのが参加者の分析であり、それを終えてから宴会場を決めるようにしましょう。どのような人がどこからやってくるのかを分析すると、アクセス性や収容人数から必然的に決まってしまう場合もあります。ただし、ホテルや旅館などの宴会場に加えて専門のイベントスペース、さらにはレストランや多目的ホールなども会場の候補にすることが可能です。選択肢は広いのでまずは参加者の分布を見てアクセス性が高いことを重視して絞り込みましょう。

催し物を考えて最終決定

宴会場の選び方として費用やについても考えなければならないのは確かですが、参加者の満足を得るためには催し物も考える必要があります。参加者に応じて適切な催し物を考え、それを実施できる宴会場を選ばなければなりません。スクリーンやプロジェクターが必要だったり、持ち込みで食事や飲み物を準備したかったりする場合には候補が限られます。舞台が必要なケースや食事にこだわりがあった方が良いときも同様でしょう。催し物の実現性を考えると急激に候補が減ることはよくあるので、これを最終決定の基準とするのも賢明な判断です。その上で予算を考慮して会場として借りられるかどうかを吟味するようにすると魅力のある宴会を実現できます。

福岡の宴会場は、優れたアクセス環境を誇る所が多いため、鉄道や路線バスでもスムーズにアクセスできます。